中卒キャビンアテンダントを目指す

キャビンアテンダントの仕事

昔はスチュワーデスといわれていたキャビンアテンダント。世間ではCAといわれています。仕事内容は旅客機に乗務し乗客案内、離着陸時の安全確認、機内アナウンス、ドリンクや機内食などの提供、雑誌や毛布の配布など機内においての全てのサービスを行います。世間的には派手に見えますが、結構な体力仕事でもあります。昔から就職試験の倍率は高い職業の1つです。女性であれば憧れた人も多いのではないでしょうか。
最近の雇用形態
最近の雇用形態は正社員のものと契約杜員のものがあります。契約社員については、会社を維持するため、高騰する人件費を抑制する狙いで導人されました。時給給与ということもあり「アルバイト」と認識されがちですが、福利厚生なども正杜員と同等の扱いになっており、さらに国内大予の場合、3年間の契約社員としての勤務の後は正社員への切り替えが行われています。一般企業における研修期間が長めの設定になっていると考えればよいでしょう。給料は、普通のOLよりかなり高い額です。さらに休日数、航空便や関連施設の割引、業務で各地へ行けるなど、実収人以外にさまざまなメリットがあります。


問い合わせ
エアラインスクール

 

受検資格
  • 高校卒業後、2年制専門学校のキャビンアテンダント(客室乗務員)科などで勉強
  • 短大や大卒から就職試験を受ける

※客室乗務員科又は大卒、短大卒以上であれば必須で専門学校に行く必要はありません

試験日

資格はないので試験日はありません。

採用試験内容
  • 面接
  • 筆記試験
  • 英語ヒアリング
  • 体力測定・身体検査
筆記試験
  • 国語
  • 数学
  • 英語
  • 一般教養・一般常識
難易度
キャビンアテンダントの就職倍率は数十倍~100倍程度といわれている狭き門です。簡単ではありません。
 
昔も今も就職倍率は高いです。LCC(ローコストキャリア)の登場により昔に比べ門戸は開かれています。服装もLCCではJALやANAと比較してもかなりラフです。機内も空港内もかなりコストカットを心がけています。その分搭乗される人の飛行機代が安く還元されています。どの業界も規制緩和で今まで常識だった事が非常識になったりする場合は多々あります。そう考えるとLCC搭乗によりキャビンアテンダントという職業も今までのイメージとは違う立ち位置になるかも分かりません。そうなるともっとキャビンアテンダントの門戸は開かれたものになるでしょう。