中卒から柔道整復師

柔道整復師の仕事

打撲・ねんざ・脱臼・つき指・骨折などのケガを、手技などを用いて治します。人間の持つ自然治癒力を最大限に生かして回復させるから、直接的な薬や手術は使いません。手法には
  • 手技療法
  • 運動療法
  • 物理療法
  • 温熱療法
などがありこれらの療法を使いながら治療していきます。


問い合わせ
(社)日本柔道整復師会

受験資格
文部科学大臣の指定した学校又は厚生労働大臣の指定した柔道整復師養成施設において柔道整復師となるのに必要な知識及び技能を修得したもの
試験日

例年3月

受験科目
  • 解剖学
  • 生理学
  • 運動学
  • 病理学概論
  • 衛生学・公衆衛生学
  • 一般臨床医学
  • 外科学概論
  • 整形外科学
  • リハビリテーション医学
  • 柔道整復理論及び関係法規
難易度
合格率は資格制度が始まったばかりは90%を超えていました。しかし近年では70%が合格ラインになっています。この試験の特徴は既卒者と新卒者で合格率が大幅に違うところです。新卒者が90%前後あるのに対して既卒者は低い時は15%前後。高い時でも40%前後です。資格取得を目指す場合は新卒できっちり対策を行わないと難易度が高くなってしまいます。

 

柔道整復師の仕事場としては整骨院や接骨院です。この資格のいいところは
  • 独立開業ができる
  • 保険制度が扱える
この2点でしょう。最近でははり師や灸師などと一緒に取得が出来る専門学校もあります。どうせ柔道整復師を目指すのであればこれらの関連資格も同時に取得することで就職、独立開業どちらの場合も有利に働くでしょう。