中卒から看護師へ

中卒の仕事で看護師は大変人気があります。看護師といえば医療の最前線で医者からの指示などを受け患者の治療や身体のケアなどを現場で実践していく、価値のある資格です。

もちろん相手の命を預かる職種なので責任も問われる大変な仕事だともおもいますよ。
先輩たちの暖かい指導を受けて一人前の看護師を目指していきましょう。

問い合わせ(試験について)
厚生労働省

メリット
 
看護師のメリットは収入や不況に強い事もありますが、それと同じくらい看護師の後の資格が多数ある事です。
  • 保健師
  • 助産師
  • 認定看護師
  • ケアマネージャー

など。経験を積むことでキャリアアップしやすいのが看護師です。

デメリット

看護師のデメリットは体力仕事だという事です。看護師不足の背景にはバーアウトする看護師が多数いる事があります。都道府県別看護師が少ないとされる県では退職した看護師に復帰がしやすいようなセミナーや施策を行っています。収入はいいですが、その分の覚悟は必要でしょう。

中卒から看護師へなる方法

  • 高等学校衛生看護科に入る
  • 準看護師養成学校に入る
  • 高卒認定試験に合格して看護学校を受験する

高等学校衛生看護科に入学した場合は入学後

  • 高校専攻科
  • 看護短大に2年

は通うことになります。 準看護学校に入学した場合は、

  1. 実務経験を三年以上つんだ跡に
  2. 看護師専門学校・養成所2年課程に通う必要があり、
  3. ここまで努力してやっと看護師の国家試験を受けることができます。
まとめ

時代の背景を考えてももっと看護師は必要になってきます。これは誰が考えても分かることですね。しかし上記でも記したように看護師が辞めない体制を病院や国も含め考えていく必要があります。でもクリニックなど個人で経営している病院は比較的体力的にきつくはなさそうです。やはりきついのは大きな病院です。クリニックなどの入院施設がない病院は定時から定時までの勤務がほとんどで患者を運ぶような事は少なく、大きい病院のように1人で数名以上の患者を見るという事もほとんどありません。このあたりから待遇を改善すべきは大きな看護師が不足している病院でしょう。