中卒からケアマネージャー

ケアマネージャーの仕事

ケアマネージャーの仕事は一言でいうと要介護者やその家族と介護のプロを繋ぐコーディネーターです。具体的な業務は
  • .要介護者の課題分析とサービスとニーズの把握
  • ケアプランの作成
  • サービス担当者会議の運営
  • ケアプランの継続的な管理と再評価
  • 介護支援サービスの記録
主な業務はこの5つです。ケアマネージャーは1人で担当できる人数が決まっています。担当している要介護の人が多ければ1人1人に目が行き届かないからです。


問い合わせ
(社)社会福祉振興試験センター

受験資格
法定資格と資格を持っていても実務経験が5年以上で当該業務に従事した日数が900日以上もしくは資格によっては10年以上1800日以上の従事日数が必要

※詳細は厚生労働省のホームページでご確認ください

試験日時
例年10月
受験科目
  • 介護支援分野
  • 保健医療福祉サービス分野
  • 保健医療サービス分野(基礎)
  • 保健医療サービス分野(総合)
  • 福祉サービス分野
難易度
ケアマネージャーの合格率は20%前後です。資格の中では難易度が高い資格です。
 
超高齢化社会の日本になくてはならない資格はたくさんありますが、ケアマネージャーもそのうちの1つといえます。法定資格の中に看護師や作業療法士、保健師や助産師などがあります。これらの仕事からケアマネージャーに転身する人は多くいます。受験資格があるからどうせなら取っておこう!という人もたくさんいます。簡単ではありませんが資格としては需要は必ず増加していくので取得する人が多いのでしょうね。あなたが中卒で看護師などの法定資格を目指す人であればその先にケアマネージャーを視野に入れても良いかもわかりません。
 

中卒でケアマネージャーになれる?

中卒でもケアマネージャーは目指せます。
道のりは険しいかもしれませんが、介護職は、実務経験も重視されますし、なにより、その人の姿勢が大切です。思いやりとか、やさしさとか、人柄はやはり大切です。
制度的なことでの注意点としては、平成27年2月、受験資格の変更が決まりました。
現状の「介護等業務(実務経験5年又は10年)」が受験資格ではなくなったり等の変更があります。中卒者もまったく関係の話ではないので注意しましょう。ただし、平成27~29年の3年間は、経過措置ということでこれまでの受験資格でも受験できます。
受験資格が変更されることも注意点としてありますが、そのほかにも、自分が行っている業務が、受験資格の「実務経験」に該当するかどうかをきちんと把握しておきましょう。判断に迷う場合は、公的な機関で確認することが大事です。