中卒から栄養士になるには

栄養士の仕事内容

栄養士には「栄養士」と「管理栄養士」という2つの分類があります。それぞれ、個人や団体に食事や栄養についてのアドバイスをを行う仕事です。

2つの栄養士の大きな違いは、誰に対してアドバイスを行えるかという点。
栄養士の場合は健康な人のみに限られますが、管理栄養士は高齢者や病人などにもアドバイスできます。栄養士は民間資格で、管理栄養士は国家資格という違いもあります。

栄養士は給食会社や保育園などへの就職が一般的です。 一方、管理栄養士は病院や高齢者施設などで働くことが可能。栄養士に比べると給料も高くなる傾向があります。

栄養士になる方法

栄養士になるためには、専門学校や大学など、国が栄養士の養成施設として認定した学校を終了しなければいけません。

この養成機関には、管理栄養士を育成する4年制のコースと、栄養士を育成する2〜4年制のコースがあります。どちらでも、修了すれば必ず栄養士の免許が与えられます。

そこからさらに管理栄養士を目指す場合は、管理栄養士国家試験に合格する必要があります。

受験資格

管理栄養士を育成する4年制コースを卒業した場合、すぐに管理栄養士国家試験を受験できます。

一方、栄養士を育成するコースを卒業した場合、まず栄養士として働き、一定期間の実務経験を積まないと受験資格がありません。受験までに必要な実務経験の長さは、何年制のコースを卒業したかによって変わってきます。

試験日

管理栄養士国家試験は、毎年3月中旬頃に行われます。4年制の管理栄養士育成施設を卒業見込みの人も受験可能です。

受験科目

厚生労働省が発表している受験科目は以下の通りです。

  • 社会・環境と健康
  • 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち
  • 食べ物と健康
  • 基礎栄養学
  • 応用栄養学
  • 栄養教育論
  • 臨床栄養学
  • 公衆栄養学
  • 給食経営管理論

難易度

管理栄養士国家試験の合格率は、例年40〜50%程度です。4年制の管理栄養士育成課程を卒業した人の合格率が高く、栄養士育成課程と実務経験を経て受験した人の合格率は低めであるという傾向があります。

中卒から目指すためには

栄養士であれ管理栄養士であれ、栄養士養成の専門学校か大学に入学しなければいけません。専門学校でも入学条件は高卒または高卒程度以上のため、中卒のままでは栄養士を目指すのは不可能です。まずは進学を考えましょう。

[出典]:厚生労働省「管理栄養士国家試験