中卒から歯科衛生士を目指す

歯科衛生士の仕事

歯科衛生士は主に3つです。

  • 歯科予防処置

虫歯や歯周病(歯槽膿漏)を起こす原因は、歯垢(プラーク)とその歯垢が硬くなってしまった歯石。この歯垢と歯石を取り除いたり、虫歯予防のために「フッ素」という薬を塗布します。

  • 歯科保健指導

歯磨き指導や、小児の歯の発達や虫歯予防のための生活指導、大人の歯に関する健康相談・訪問指導など。

  • 歯科診療補助

歯科医師の指示をうけながら歯科診療・治療の補助。

問い合わせ
都道府県歯科医師会又は日本歯科医師会医療管理課

歯科衛生士は就職率100%?ってゆうくらい働くところはあります。歯科医院がコンビニより多いと言われている時代。歯科医師1人に対して法律で歯科衛生士は2人は設置しないといけません。現場を見てみると実際は3人は欲しいようです。コンビニより多い歯科医院に歯科医師1人につき3人の歯科衛生士。就職が100%?ちかく出来るのも納得です。

就職先
病院や診療所の歯科。保健所や保健センターに勤務して、歯科保健指導のために学校や公的機関を回る場合もあります。また、歯ブラシメーカーで企圃スタッフとして活躍をする人もいます

歯科衛生士の受験資格
国が定めた3年の養成所を卒業すること
歯科衛生士の試験日
例年3月
歯科衛生士の受験科目
  • 解剖学
  • 生理学
  • 病理学
  • 微生物学
  • 薬理学
  • 口腔衛生学
  • 衛生学・公衆衛生学(衛生行政・社会福祉を含む。)
  • 栄養指導
  • 歯科臨床大要(歯科臨床概論、歯科保存学、歯科補綴学、口腔外科学、小児歯科学及び矯正歯科学)
  • 歯科予防処置
  • 歯科診療補助
  • 保健指導
歯科衛生士の難易度
前年90%となっています。近年は95%と専門学校にさえ入学できればほぼ全員が歯科衛生士になることが出来ます。
歯科衛生士と歯科助手の違い
歯科衛生士と歯科助手。何が違うのかが分かりませんよね。歯科医師の指示のもとに歯科診療の準備や介助、また受付や事務的な仕嘔を行います。簡単にいえば口の中に手を入れれる人が歯科衛生士。出来ないのが歯科助手です。
歯科衛生士と歯科助手の収入差
歯科助手は資格がなくても出来るのでやはり歯科衛生士と比較すれば収入の差はあります。おおよそ月収にすると3~5万。時給にすると300円前後(クリニックによって異なります)の違いがあります。収入だけでなく歯科衛生士は関連の資格を併せ持つことで仕事に広がりが出来ます。

 

歯科衛生士は女性にとって使い勝手の良い資格かもわかりません。
  • 求人が溢れるようにある
  • 産休後に職場復帰がしやすい
とそこまで高収入を望まないのであれば便利な資格といえるでしょう。