中卒から歯科技工士を目指す

歯科技工士の仕事

歯科技工士は歯に詰めるものやかぶせる物を作ったり、入れ歯や矯正装置なども作ります。最近ではインプラントなどの最新のものも制作している言わば歯科界の職人さんです。
歯科技工士の労働環境はあまりよろしいとはいえないようです。
  • サービス残業
  • 低賃金
  • 休みが少ない
このような状況下にあるようです。歯科技工士の専門学校も定員割れが続き今では生徒の充足率が6割ともいわれています。当然こうなると廃校せざるえなくなり歯科技工士の専門学校は少し古いですが平成12年には72校あった専門学校が平成19年で11校減少しています。


問い合わせ
(社)日本歯科技工士会

受験資格
  • 文部科学大臣の指定した歯科技工士学校(以下「学校」という。)を卒業した者 
  • 厚生労働大臣の指定した歯科技工士養成所(以下「養成所」という。)を卒業した者

※詳細は厚生労働省のホームページでご確認ください

試験日
例年2月
受験科目
学説試験
  • 歯科理工学
  • 歯の解剖学
  • 顎口腔くう機能学
  • 有床義歯技工学
  • 歯冠修復技工学
  • 矯正歯科技工学
  • 小児歯科技工学及び関係法規
実地試験
  • 歯科技工実技
難易度
歯科技工士の合格率はほぼ100%近くあります。専門学校できっちり勉強していれば合格できるでしょう。
 
歯科技工士は本当に少なくなっているようです。特に20代の若い世代がかなり少なく歯科技工士として活躍している主な年齢は40代が多いようです。20代歯科技工士の離職率は75%前後と言われるほどです。次世代の人間がいないという深刻な問題が浮かび上がってきています。と、ここまでは現状の歯科技工士です。考え方を変えてみます。歯科技工士という仕事はなくなりません。でも、なり手は減っています。このギャップは野心がある人にてってはチャンスと捉えることも出来ます。絶対にニーズが存在するが不足しているということは困るタイミングが必ず現れてきます。もうすでに困っているかもしれません。成功という観点から考えるとどの成功している人も需要と供給のアンバランス差を利用して成功しています。

 

まとめ
サラリーとして歯科技工士はこのサイトではおすすめしません。しかし独立や成功という野心のある人はチャレンジしがいのある資格かもわかりません。