中卒から鍼灸師

マッサージ師と併せ持つ
鍼灸師ははり師ときゅう師に別れ通常2つは別の資格ですが並行してW取得を普通は行っていきます。専門学校も2つのカリキュラムに対応しています。これにプラスマッサージ師資格も取ることで仕事の幅は広がります。現代はリラクゼーションやマッサージなどが多数あります。

鍼灸師といえば針のイメージですが、この資格を持った上でリラクゼーションに行くことはかなり大きなポイントになるはずです。一般的にリラクゼーションでこのような国家資格を持っている人はほとんどいません。店の研修がありそれを学びながら現場で経験を積みます。体の仕組みを知っている人がほとんどいないのです。これ本当なんですよ。

だからこそ鍼灸師を持つことで体の仕組みを知りリラクゼーションの技術を取り入れる事でその他とは違うサービスが提供できるでしょう。店やお客さんからも人気が出る可能性は大きいでしょう。

問い合わせ
(公財)東洋療法研修試験財団

受験資格

高校卒業後、文部大臣か厚生大臣認定の養成施設
(大学、専門学校、3年生短大、盲学校)で、3年以上の教育課程を経て卒業した者)

試験日時

例年2月

受験科目
  • 医療概論(医学史を除く。)
  • 衛生学
  • 公衆衛生学
  • 関係法規
  • 解剖学
  • 生理学
  • 病理学概論
  • 臨床医学総論
  • 臨床医学各論
  • リハビリテーション医学
  • 東洋医学概論
  • 経絡経穴概論
  • はり理論及び東洋医学臨床論

※並行してきゅう師国家試験を受けようとする者に対しては、はり理論又はきゅう理論以外の共通科目について、受験者の申請によりその一方の試験を免除

鍼灸師の試験の特徴

鍼灸師は学校のカリキュラムを正しくこなすことで合格率が80%以上と高い資格です。

難易度
上記でも書きましたが、新卒者の合格率は80%前後です。しかし既卒者(1度不合格)になった受験者の合格率は低くなっています。なので、新卒で合格を目指すべき資格です。冒頭にも書きましたが、鍼灸師はリラクゼーションと掛け合わせることで仕事の幅が格段に広がります。