中卒から視能訓練視

視能訓練士の仕事

視能訓練士の仕事は簡単に言えば眼科で細かい検査をします。現代はレーシック手術など昔にはなかったものがあり、昔と比較してニーズは高まっています。しかしまだまだマイナーな資格なので求人や就職は地方と都市部とではかなりの開きがあるようです。マイナーではありますが必ず必要な資格なので狙い目の資格といえます。


問い合わせ
(社)日本視能訓練士協会

受験資格
  • 一般の高校を卒業後、所定の視能訓練士養成施設(大学や専門学校)で3年以上に渡って修学
  • 看護師や保育士の養成機関(大学や短大など)で指定科目を履修し、さらに視能訓練士養成施設で1年以上修学
試験日
例年2月
受験科目
  • 基礎医学大要
  • 基礎視能矯正学
  • 視能検査学
  • 視能障害学及び視能訓練学
難易度
合格率は90%前後と専門学校に入学してしまえばほぼ資格が取得出来る資格です。
 
昭和46年から始まったこの資格。以外に歴史は古い資格です。最近になって需要が少し高くなっているのは現代医療から生まれた技術からです。なので眼下には必ず所属させているはずです。視能訓練士は看護師などの医療関係と併せ持つことでより一層活躍できる可能性が高まります。この資格だけでも就職は難しくはありませんが、サブ的資格と考える方がいいと思う資格です。サイトによっては100%の就職率というような事も書かれていたりしますが、かなりの個人差があるように思われます。確実に視能訓練士資格を上手く活用するのであれば医療系の何かとのW資格をお勧めします。