中卒から社会福祉士

中卒のままで社会福祉士になれる?

結論だけ言えば、なれます。ですが、実際に中卒の社会福祉士というのは少ないようです。

ある養成施設の職員の方も、「いまだ中卒の社会福祉士とはお会いしたことがない」とおっしゃるほどです。なぜ少ないのかというと、中卒のままでは、受験資格を得るためにどこかで必ず実務経験を積まなければなりません。

そのため、福祉施設等に就職するのですが、これが中卒だと思うようにいかない・・・要は採用されにくいのです。だから、理論上は中卒でもOKですが、実際にそのルートを選ばれる方は少なくなります。

中卒って受験資格あるの?

ただ中卒というだけでは、当然受験資格はありません。 中卒のままで社会福祉士を目指そうと思ったら、現状ふたつのルートが考えられます。まずひとつは、

① 福祉施設や事業所で働く→「社会福祉主事」の養成機関を修了する→実務経験として、「相談援助」の実務を2年間積む→社会福祉士短期養成施設などを修了→国家試験に合格

② 福祉施設等で「相談援助」の実務経験を4年経験する→社会福祉士一般養成施設を修了→国家試験に合格

このような流れになります。必要なステップをこなすことで国家試験を受験できます。

社会福祉士の仕事

  • 児童相談所
  • 養護施設
  • 知的障害児施設等
  • 特別養護老人ホーム
  • 在宅介護支援センター
など福祉施設関係での相談・援助業務が主になります。施設によって相談・援助業務は異なります。「親が認知症になった。どこに相談していけば?」このような相談にものり関連各所の調整を取ったりします。社会福祉士は福祉のプロです。


問い合わせ
(社)日本社会福祉会

受験資格
  • 4年制大学で指定科目を修めて卒業した者
  • 2年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した者

※詳細は厚生労働省ホームページをご確認ください

試験日
例年1月
受験科目
  • 人体の構造と機能及び疾病
  • 心理学理論と心理的支援
  • 社会理論と社会システム
  • 現代社会と福祉
  • 社会調査の基礎
  • 相談援助の基盤と専門職
  • 相談援助の理論と方法
  • 地域福祉の理論と方法
  • 福祉行財政と福祉計画
  • 福祉サービスの組織と経営
  • 社会保障
  • 高齢者に対する支援と介護保険制度
  • 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
  • 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
  • 低所得者に対する支援と生活保護制度
  • 保健医療サービス
  • 就労支援サービス
  • 権利擁護と成年後見制度及び更生保護制度
難易度
社会福祉士の合格率は30%前後です。そこまで低くはありませんが、きっちり対策を行わないと合格は難しいでしょう。
社会福祉士は例年4万人以上の受験者数がいます。色んなサイトを見ても社会福祉士は今からの資格というような事が書かれています。しかし本当にそうなんでしょうか?社会福祉士は名称独占の資格です。名称独占とは社会福祉士という名称を名乗ってはいけない。しかし社会福祉士と同じ業務は資格がなくても業務は出来ます。この名称独占が曲者で業務独占であればどこの施設も設置義務などが出来そうです。業務独占とは業務仕事自体をその資格保持者しかしてはいけな資格です。看護師や医師などです。これは裏話ですが社会福祉士を取得できる大学の先生が「社会福祉士は資格として崩壊している」というような事を言われていました。
  • 立場や仕事が曖昧
  • 資格保持者が多すぎる
このような理由からです。もちろん福祉の資格なので社会福祉士をもっていれば福祉施設には就職しやすいはずです。だからといって社会福祉士の業務が出来るとは限りません。社会福祉士と福祉関連資格を併せ持つほうがよい活用のしがいがあるでしょう。